究極のピアノ連弾楽譜の通信販売

上級者/プロ向け(全曲試聴できます)
ご利用方法 送料・お支払いについて 通販法表記 よくある質問 カートを見る
連弾楽譜 sound24ロゴ
トップページ-sound24-
新着情報-sound24-
究極のピアノ連弾楽譜-sound24-
練習サポートCD-sound24-
リスニングCD-sound24-
sound24とは-sound24-
掲示板-sound24-
練習用サポートCD詳細



ピアソラシリーズ
浄書のご依頼

編曲のご依頼

採譜ご依頼


難易度で選曲

演奏時間で選曲

スマートフォンページ

SOUND24とは?




ピアノ連弾への思い

私がピアノを始めたのは4歳のころでした。
連弾を始めたのは小学1年生の5月、地元の小さな会館のホールで父と合わせたことが最初でした。

小学生の自分一人では挑戦できない曲に挑戦でき、自分がうまくなったような気持ちになれるのが連弾にはまるきっかけとなりました。そして、何よりも未熟ながらも、上級者である父と競い合う事が出来る。また、日頃ゆっくりかかわることの出来ない父との共通の趣味となりました。
その後、毎年父とピアノで連弾演奏を重ねるにつれ、もっと難しい曲へ、もっとかっこいい曲へと、どんどん連弾の魅力に引き込まれていったのです。
気がつくと、当時市販されている連弾楽譜に物足りなさを感じるようになり、いつか自分で思うようなアレンジの楽譜を作りたいと思うようになりました。それが、中学の時です。それから15年後、やはり自分の思い描くワクワクするような連弾楽譜に出会えずいたところ、周りの音楽仲間から背中を押される形で連弾譜の制作を始めました。


ピアノはソロ演奏が多い中、4手連弾にこだわり、世界一のアレンジを配信するサイトを目指して日々研究、制作をしています。連弾とは1台のピアノという楽器を最大限使って表現する最高の音楽であると考えます。また、パートナーとの共鳴から生み出される躍動感や曲の華やかさ、重厚感などピアノ連弾ならではの醍醐味がそこに存在するのです。
人と合わせることによって自分自身の魅力が引き出され、また同じようにパートナーの魅力も引き出すことができる、ソロとは違った楽しみが生まれるような気がします。
ピアノユーザーを増やすことも私の1つの目標です。
途中でピアノをやめたりすることの要因の1つには「魅力的な楽譜に出会えない」こともあるのではないか、逆に、しばらくピアノから離れていた人が1冊の楽譜によって再びピアノの魅力に目覚めてくれることを願い、他にはないわくわくするような楽しいアレンジを提供したいと、それを使命と考えています。



SOUND24の特徴と楽譜へのこだわり

■試聴して購入できる
曲の完成を聴くことで間違いなく満足していただける楽譜の提供ができます。
求める演奏のイメージがつかめず、同じ曲の楽譜を何冊も購入した経験がありませんか?
当サイトでは、試聴していただくことでお客様の求めるレベル、仕上がり、イメージを確認してからご購入いただけます。その為、当サイトでは楽譜サンプルはご用意しておりません。また、パートナーが遠方で合わせる機会がない、本番まで時間がない方のために練習用のサポートCDもご用意しております。こちらにて、曲の仕上がりを確認いただいたり、各パートごとの個人練習も可能です。
※なお、楽譜サンプルご希望の場合には、メールにてお問い合わせください。


■価格・製本について
連弾アレンジに対する対価とそれにふさわしい仕様から価格を設定しております。
1曲の制作に1〜2ヶ月の制作日数をかけ、sound24が考えうるその曲に最高のアレンジを導き出しています。
また、楽譜の表紙は、フランス製の上質な紙を使用し、手に取っていただいた時の満足感と高級感を重視しております。中紙は破れにくくできるだけ反射を抑えたマット紙を使用し弾いていただく時の利便性を考慮しております。また印刷・製本にかんしてはプロに外注し一般に販売されている商品と同等の品質にしております。


アレンジャープロフィール

神内敏之(かみうちとしゆき) 1975年4月8日生まれ 大阪出身

私立上宮高校卒業後、大阪芸術大学・音楽学科卒業


 

4歳からピアノを始める。
その後、音楽を目指し、大阪芸術大学に入学。
大学在学中から音楽の仕事を始め、カラオケ・着メロの制作で耳コピの技術を身に着ける。
大学4回生からコンピューター・ミュージックスクールの講師を7年勤め、シンセサイザーの音色作り、作曲・アレンジの指導。また、プロ養成コースの講師を務める。
大学卒業後は、アマチュアバンドでアレンジ兼、キーボードを担当しながらプロを目指すも3年で解散。インディーズではアルバムを3枚制作。
20代はキーボードでのポップスのアレンジに力を入れていたが、コンテストや審査に通らなければ採用されないことに嫌気がさし、自分の表現する音楽を自力で世に出せることを模索。なぜ、音楽を目指したのか、自分にしかできないことは何か、そこで気が付いたのが幼い頃から親しんでいたピアノ、そして連弾だった。
自分の生み出した作品をより多くの連弾、ピアノを愛する人に届けるため、このサイトの立ち上げを決意、現在のsound24に至る。