クレジット決済でお困りの方へ


当サイトは3Dセキュアを採用しております。

クレジット決済が完了できない方の多くが、この「3Dセキュア」でのID、またはパスワード認証で中断されている場合が多いのではないでしょうか? まずは、ご利用になるクレジットカードが3Dセキュアに対応しているかをご確認ください。 3Dセキュアに対応しているカードブランドは次の通りです。
3Dセキュア1

3Dセキュアとは?

オンラインでクレジットカード決済をする際に、クレジットカード情報(カード番号・有効期限など)とは別に、カード会社に事前登録した本人しか分からないパスワードの入力を合わせて行うことで、第三者によるなりすまし購入などの不正使用を防止する仕組みです。
「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」の国際ブランド各社が採用し、世界標準の本人認証方法となりつつあります。総称して「3Dセキュア」と呼ばれています。
3Dセキュア2

3Dセキュアのメリットは?

3Dセキュアに対応しているクレジットカードをご利用される場合は、クレジットカードに記載されている情報だけでなく、「自分しか知らないパスワード」を合わせて認証することにより、クレジットカード情報の盗用による「なりすまし」などの不正利用を未然に防止することができます。

  • カード番号や有効期限:第三者でも確認可能
  • カード名義:第三者でも確認可能
  • セキュリティコード:第三者でも確認可能
    3Dセキュア3
  • ★ 3Dセキュアのパスワード:保有者本人のみ知る情報
ご覧のようにカード番号や有効期限、セキュリティコードといった情報はクレジットカード本体に刻印されている情報なので、クレジットカードを紛失したり、盗まれてしまった場合には第三者にカンタンに不正利用されてしまうリスクがあります。 反面、事前に登録しておいた3Dセキュアのパスワードについてはカード保有者のみしか知らない情報ですので、3Dセキュアに対応したクレジットカード登録や決済では、第三者による不正利用の可能性を極端に引き下げることが出来るのです。

従来の決済方法

3Dセキュア4

3Dセキュアを利用した決済方法

「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」の国際ブランド各社が採用し、世界標準の本人認証方法となりつつあります。
3Dセキュア5

3Dセキュア対応のクレジットカードをご利用の場合

●カード発行会社にパスワードの登録をされていますか?

ご利用になるカードを発行している会社のサイトにアクセスし、事前に必要情報の登録を行う必要があります。 多くの場合は、WEB上でご利用内容の確認をする際のログインID、またはパスワードがそのまま3Dセキュアのパスワードに使われています。ご不明な場合は、ご利用のカード発行会社にお問い合わせください。

※再入力可能な回数を超えて間違ったパスワードを入力された場合などは、認証が失敗となりクレジットカードでのお支払いを受付けることができなくなりますのでご注意ください。